家づくりを楽しむ

住いの提案北海道

今書店の住宅インテリアコーナーに当社掲載の雑誌があります

「住まいの提案北海道」という雑誌です

たくさんある住宅雑誌の中で、当社ではこの雑誌に掲載しています

その理由は、他の雑誌は掲載ページが少なく内容がよくわかりにくい点があります

 

 

やはり住宅を建てたい人が一番見たいのは写真であると思われます

その写真が一番多く掲載されているのはこの雑誌でした

 

ここのところ続けて出させてもらってます

今回は春に公開した現場です

 

書店でご覧ください。

 


既存住宅状況調査技術者(インスペクター)講習

昨日は、終日講習でした

講習内容は、既存住宅状況調査技術者(インスペクター)の登録講習です

これは、来年4月から宅建業法の変更に伴い、中古住宅の売買の際には

インスペクターの状況調査をあっせんしなければならない というものです

 

分かりやすく言うと

中古住宅の売買時にその家がどのような状態なのかを資格を持った建築士が

調査することを購入者にあっせんしなければならないようになる。

 

現在はあっせんするだけですが、これは近いうちに義務化するでしょう

家の状況を調べないと売れなくなるということです

 

現在、日本国中の住宅のうち空き家は13.5%もあり

7〜8戸に1戸が空き家です

今後その空き家の流通が増える際に、トラブルをできるだけ避ける目的もあります

 

住宅の基礎から柱・梁などの主要構造部や屋根・外壁・内装仕上げなどなど と

ほぼすべての部位を調査・計測し報告書を作る仕事です

 

インスペクターの調査により、何より安心して暮らすことができます

 

中古住宅市場では意外とトラブルが多く、表面の仕上材は取り換えて綺麗でも

基礎が傾いていたり、土台が腐食している場合があります

中古といえども数十年は住むのに、そのような状態では数年で多額の費用で補修工事をしなければならず

売るにも補修しないと売れない状況になります

 

来年4月からの中古住宅の売買の際には、契約前の重要事項説明書に新たな項目が増えます

 

このインスペクターになれるのは、建築士の資格を持った者で設計事務所登録している人だけです

資格があっても設計事務所登録していないと、調査はできません。

 

今回の講習後の試験の結果で、資格が与えられます

合格していることを願っております。

 


安全大会

寒いですね、夏があり、冬に戻ったようです

 

先日ゴルフ練習場に行ったら、ボーナスの赤玉が1日に2個出ました

 

これは、20年以上通ってますが、赤玉がでたのは合計4個で、

 

そのうちの2個が1日で出ました。ビックリ(*_*)

 

係りの人に聞くと、始まって以来だそうです。

 

運がいいのか、使い果たしたか、帰り道は慎重に帰りました。

 

 

各協会の総会などが続き、先日の十勝住宅建築協会の安全大会で一段落です

 

参加人数200人で会場はいっぱいでした

 

 

三浦社長(副大会長)の開会宣言に続き、会長の私の挨拶です

 

昨年の十勝の台風被害についてお話させていただきました

 

 

今年から1社正会員が増えて、12社になりました

各会員紹介に続いて、労働基準監督署の松本課長様と帯広警察の谷内課長の講話でした

 

 

前日に市内で死亡交通事故があり、谷内田課長は昨夜貫徹のようでしたが

 

お疲れの様子もなく講話いただきました

 

両課長とも死亡事故を撲滅しようという強い気持ちが伝わる良い講演でした

 

三協設備の中山常務の元気な安全宣言の後

 

副大会長の上野社長の閉会宣言で閉会でした

 

司会の茅野さんもそつなく完璧でした

 

 

皆さんお疲れまさでした

 

また参加いただいた方にも感謝します

 

 

 


新建築士を祝う会

この時期はいろいろな会の年次総会があり懇親会も多い時期です

 

十勝住宅建築協会も27日に総会があり、無事終了しました

 

昨年は9社による芽室でのモデルハウス展開があり

 

地元の工務店の結束と各社の地域に根差した特徴をアピールできたとこと思います

 

今年度も会長として、安全大会や現場安全パトロールなど事業を行っていきたいと思います

 

 

昨日は建築士会の新建築士の歓迎会があり、参加しました

 

これは新たに建築士の資格を取った方を祝う会で、

 

近年個人情報の関係で、合格者の情報が入らずに行っていませんでしたが

 

今年は数名の情報があり、その中で参加できる人だけで開催しました

 

併せて建築主事の試験に合格した〇鉢さんもお祝いいたしました

 

 

1級建築士は今年は全国で30,648名が受験して、1次の学科と2次の製図試験とで

 

合格したのは3,673名で、合格率12.0%でした

 

その中で帯広では4名ほど合格したようです

 

2級建築士と木造建築士も数十名の合格者がいました

 

 

合格祝いを行った場所は、宮本商産の旧社屋でした

 

ここは建築士会で昔に古建築調査といって、古い建築物を図面やデータにして保存する

 

という事業で、帯広市の委託を受けて調査した古いレンガ造りの建物です

 

今は帯広市の指定文化財の指定され、保存されています。

 

 

市の指定文化財は、当社の東側にある双葉幼稚園が第1号で、宮本商産が第2号です

 

参加はできなかった合格者の皆さんにも、おめでとうございます。

 

 

 

 


固定資産評価審査委員

新年度で何かとドタバタしている岡田です

 

先日はメールの回線が使えなくなり2日間ほどメールが受け取れていませんでした

 

 

そんな中、3日に市役所で辞令交付式に参加してきました

 

帯広市の「固定資産評価審査委員」に選ばれて4月より委員として仕事します

 

といっても、そんなに仕事は忙しくはなく

 

固定資産税に不服のある方の意見を調整する仕事です

 

弁護士、司法書士、建築士、宅地建物取引士、農業など各界より人選されています

 

メンバーの一人は同級生のお兄さんでした。

 

市長室では、ほかの辞令交付もあり、順番待ちでした

 

UDアドバイザーと固定資産評価審査委員の2本立てで

 

お役に立てることは幸せなことだと思います。

 

 

 

かちまいにも小っちゃく、掲載されていました
 

 

 


スケートの神谷依理那 選手

先週は出張で飛び回っていた岡田です

 

最後には札幌で建材会社の展示会でした、今年から2社の合同開催で

 

一段と濃い内容になっていました。

 

皆さんにも新商品を提供していきます。

 

 

先日、応援しているスケートの神谷選手が来社しました

 

シーズンを終えて報告に来てくれました

 

数日前までノルウェーにいたのはずなのに、選手は世界を飛び回って大変です

 

前半はなかなか調子がでずに苦戦していましたが

 

後半にはワールドカップ500mで総合3位まで成績を上げてきました

 

小平選手・高木選手と競合が多いですが、来年に向けて頑張ってほしいです

 

前回のオリンピックでは、納得のいかない選考でしたが

 

今年の12月の選考会に力を発揮できるよう、シーズンオフのトレーニングに集中して

 

オリンピックに出場してほしいと思います。

 

実力はあるので、きっと多くの声援にこたえてくれると思います。

 

がんばれ!神谷依理那選手

 

 

 


危険物取扱責任者

今年は何かと忙しく、スノボーにも1回しか行けてません

 

運動不足で太ってしまった、岡田です

 

これから少し減量します

 

 

さて、事務所ビルには大きな灯油タンクがあります

 

一定量以上のタンク設置には、危険物取扱責任者が必要になります

 

部外者にお願いをしてきましたが、とっくに亡くなってしまっていたので

 

変更を指摘されていました。

 

そこで自分で取ろうと思い勉強しました

 

 

化学の分野で、聞きなれない言葉が多く苦手でしたが

 

何とか合格しました。

 

 

これで給油所や灯油などお保管所の責任者ができます(しませんが・・)

 

 

資格を取るために勉強すると、いろんなことが解ってきます

 

直接仕事に関係なくても、視野が広まり

 

総合的に物事を考えることができるようになります

 

年を重ねてからの勉強は、記憶することがきついですが

 

毎年何かに挑戦し続けたいと思います。

 


北のマンゴー 〜 台風被害からみる断熱材の重要性

先日、携帯を乗っ取られて、ご迷惑をかけた岡田です

 

十数年前に財布を紛失して以来の失態です

 

いろいろな人のアドバイスで無事復活しました

 

忙しいときほど、物事をしっかり考えて行動しなくてはいけません

 

つくづく反省しました。ご迷惑をおかけしました。

 

おかげでアドレス帳が整理できましたが、携帯番号は結構削除してしまいました

 

かかってきたときに反応悪いかもしれません。

 

 

先日まさにその乗っ取られているときに、講演会と懇親会でした

 

中川裕之さんの講演でマンゴーを冬に出荷することをこの帯広で実現した人です

 

中川さんは昔から知っていましたが、

 

内容を聞くと改めてすごいことをしたと感じました

 

何事も挑戦です!!

 

 

 

昨日は、芽室町でエコ住宅セミナーでした

 

「浸水被害とその対応について考える」でした

 

 

1部で芽室町の建築士会青年部の山田君(失礼、山田係長)

 

から被害状況をわかりやすく解説いただきました

 

その後外城建設さんと紺野建設社長からの報告と

 

元、北総研にいた廣田さんからは、南富良野での住宅被害と

 

浸水被害復旧における注意点を説明していただきました

 

紺野社長や廣田さんの話から

 

浸水しなくても、長雨による地下水の上昇で床下空間がかなり湿気っていて

 

床の断熱材がカビてしまうなどの被害があり

 

特に床や壁の断熱材をグラスウールを使用した場合

 

一度水分を吸うと性能が著しく悪化し、撤去するしかないようです

 

硬質ウレタンなどの場合は水分を吸わないので乾燥させれば

 

そのまま使えるようです。

 

 

当社で使用している硬質ウレタンに使用しており

 

浸水しないまでも、湿気によって性能が変化するグラスウールより

 

長期的に性能が維持できると確信できました。

 

 

若干高価な断熱材ですが、長い期間使用する住宅では

 

今後も使い続けることがお客様にとってのメリットであると思います。

 

 

 

 

 

 


お詫びします

昨日、不注意によりスマホが乗っ取られてしまい、勝手にラインがいろんな方に変なメッセージを送ってしまいました。ご迷惑をかけて申し訳ありませんでした。知人数人も同様な被害に遭っています。
経緯をご説明します

夕方建築士会関係の友人よりメッセージが来ました。「スマホを壊してしまい電話番号を教えて欲しい」と番号を返信すると、本人から乗っ取られたので無視してとメッセージが入りました。
その後ラインが全て消えてしまい、数時間後に勝手にラインを送り出しました。友人や取引業者さんやお客様にも変なメッセージを送り続けたようです。
私は、友人などから続々と電話が入り気がつきました。その後は、電話が延々と続き、お詫びの連続でした。
これはまずいと思い、アドレス帳の携帯番号だけをお客様を真っ先に消し、その後全ての携帯番号を削除しました。間に合わずに多くの方にラインが送られてしまいました。
後で聞いたら、同様なことが数件あったようです。
オレオレ詐欺など横行している中、自分は大丈夫と思っていましたが、不注意によりこのようなことになってしまったことは、深く反省する次第です。
ご迷惑をおかけした方にお詫び申し上げます。

コンサドーレ

先日札幌で講習会に参加してきました

 

住宅関係の講習会でしたが2部がコンサドーレの社長の講演でした

 

社長といっても元Jリーガーで活躍していて

 

コンサにもいた元選手です

 

Jリーグの裏話も面白かったですが

 

社長に抜擢されて、経営が上向きになった話は

 

同じ経営者としても参考になることばかりでした

 

「戦略」と「人材起用」が同様に大事です

 

試合にはあまり出ていないが、ゴン中山の役割であったり

 

小野と稲本の起用方法なども  んーなるほど っと思いました

 

 

今年はJ1昇格したので、もう少し応援しようと思う一日でした。

 

 

 

 



selected entries

categories

archives

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM